葉月陽

記事一覧(42)

プレゼンで〈審査員賞〉を頂きました♡

大津市女性起業家の経営スクール3期生・ビジネスプラン発表会がありました。欠席の方もいらっしゃいましたが、本日はスクール生の20名19組のプレゼンがありそれぞれの熱い想いに感動しました。そして、その専門性が、つくづく面白かったです。そして、なんと私の「るんるんの100匹のサル計画」、、、僭越ながら〈審査員賞〉を頂きました!まさかの事で、本当に有り難いです。とても嬉しいです。1匹のサルの始めたことが100匹目のサルまでやるようになると急激に周りに影響を与え更には広がり始める。という100匹目のサル現象を意識して作りました。その人の幸せをもってまわりの人の幸せを発起するようなその人の輝きをもってまわりの人の輝きを発起するような周りにも僕も私も夢を叶えよう!そう思わせるくらい夢を叶えている人僕も私も自分生きしよう!そう思わせるくらい自分生きしている人そんな人を増やす計画です。「話すのが苦手だから」「自分に自信がないから」って夢を諦める、、、どころか夢語ることすらやめてしまうなんて…。私は胸が痛い!私は子供の頃の夢を叶えて今があります。もっと堂々と夢が語れたらもっと夢は叶うのに、と思うのです。こんな私でも出来ること。というか子供の頃から喋ることしかむしろ出来なかった(笑)子供の頃友達が泣いている姿を見ると頭の中にはその友達の笑っている顔が浮かんびました。本当は笑いたいんだよね?笑ってほしい。そんな子供なからに私の魂が見せた映像だったのでしょう。るんるんのカウンセリングルームを備えたアナウンススクール(╹◡╹)人材育成の発展につながるだろうと審査員の方から非常に有難いお言葉を頂きました。ありがとうございました。是非ともお役に立ちたいものです。スクールはいよいよ次回限り。先生方も含めスクールの皆さんとの時間は本当に貴重なものとなりました。素晴らしい仲間。偶然の出会いという素晴らしい「ご縁」共に過ごした素晴らしい時間をたくさんの感謝と一緒に噛み締める、この幸せにも感謝です。

宝物が宝物を作ってくれる

宝物はなんですか?宝物は宝物を作ってくれます。宝物をひとつ見つけるとまた宝物が増えます。宝物がふたつ見つかるとまた宝物が増えます。3つ見つけるとまた増えます。「ママ、何書いてるの?100匹のサル計画って何?」息子がプレゼンの準備をしている私に聞いてきました。「これは、今度のプレゼンで発表する私のやろうと思っている計画でね…」と私が話し出すと息子は「すごいね!」「壮大だね!」「いいねーー!」「ママすごい!」「いいね!いいね!」もう成功して実現したかのように喜んで聞いてくれて、目をキラキラさせて笑顔で頷いてくれました。話し終わって「聞いてくれてありがとう」と息子に言った後とてもホッとした自分がいました。そして!ハタと私を肯定してくれて応援してくれる息子のリアクションに感動したのです!!子供が夢を語った時に周りの大人が「出来っこない」「あなたには無理」「馬鹿だなぁ」と言って子供の夢を潰すとか何とか、っていう話がよくありますよね。もし否定されたら大人の私でも出来ないかも、無理なのかな、と思ってしまうかもしれません。ちょっと心を閉じてしまうかもしれません。でも息子は否定など微塵もなかったのです!!すごい!こんなまだまだ男の子がこんなにしっかりと人の気持ちを前向きにしてくれるなんて!世の中を卑屈に見ることなく人は人と認めてあげられる人に良かったねって心から言える夢を楽しみ夢は叶えるものだと思っている世の中は明るいと信じているなんだかすごく感動して随分大きくなった息子をハグしました。「ありがとう!ママは瑛太みたいな子がママの子供で本当に嬉しいよ!」私は泣いていました(笑)疲れてもいたしもぅ泣けてきて泣けてきて(笑)パッと見たら息子も泣いています(笑)「なんで泣いてるん?」と聞くと「だってママが泣いているから」と言いました(笑)なんだか可笑しくてその後は2人で泣き笑いしました。あの日生まれた私の宝物は小さな毎日の中に私の宝物になる思い出を作ってくれます。「人生は望み以上のものをふんだんに与えてくれる」本当にそう思うのです。それが人生なんだなって。

清らかな場所

「気」が良い場所って、こういう場所のことなんだ、、、そんな風に強く思ったのは初めてでした。うまく言えないけれど浄化してくれるというかとても清らかなんです。この1週間、亀岡で仕事だったのですが、そう思えるくらい亀岡の中には空気が気持ちをスッキリさせてくれる場所があちこちにありました。雪もチラチラ寒い中、山林を通ると、キラキラしている所がありました。この土地は美しい場所だからアマテラス様もお気に入りなのかななんて思いました。広い空一面キラキラと舞うプラーナ。大地にもキラキラとプラーナが見えました。地域の方が集う、とあるグラウンドでした。不思議に思って土地の方に尋ねると「山から下りてくる河川の跡地」だそうです。だからキラキラしてるんだ、と妙に納得しました。そしてそこでプレイしている皆さんは背筋が伸びていて健康そうでした。清らかな空気と水と。なんて美しい所なんだろう。何もないそこに在る自然やそこに宿るものに心身洗われました。弁財天社の「乳の泉」にも偶然立ち寄り亀岡の湧き水の二大名水の内の1つを汲んで頂きました。これは呼ばれてるな(笑)出雲大神宮に。そんな気がします。だって、亀岡のもう1つの名水は出雲大神宮の湧き水だから。以前参拝した時に頂いたのでどちらの名水もいつの間にか頂いていたのですね。出雲大神宮のあの神聖な感じに今すごく浸りたいです。

無駄な事なんてなかったんだ

今日は地元・滋賀での魅せ方話し方のプチ講座でした。マイクで「話す事」が仕事の私。こうやって「話す事を教える事」が仕事の時にいつも思います。「今まで仕事をしてきて無駄な事なんてなかったんだ…」私がマイクで喋って初めてギャランティを頂いたのは19歳の時。アナウンススクールに通っていた時でした。それから今まで 何十年(笑)楽しいこと、感動したことはそれはそれは沢山ありました。自分の仕事が大好きです。でも良い人も嫌な人もいる訳で過酷な仕事も数え切れないし無茶苦茶大変だったりどれだけ失敗してどれだけ怒られて恐い目をしたり嫌な目をしたり不甲斐ない不本意圧力穴があったら入りたい本当、申し訳ない身体ムリ!限界!…という事も超!山ほど あった訳ですよね。でも自分がやってきた事を教える事が人の役に立つんです。全てが!そうすると仕事でなくても生きてきたアレもコレも無駄じゃなかったんだ…。なんとも言えない安堵感が胸を温め心から報われる気がします。歩んできた道が人のお役に立つのは本当に嬉しいことです。返す返す「なんて有難い」と思います。こんな事があると神様がちゃんと見てるよ、頑張ってるねって言ってくれてるみたいです。今日のこの機会を与えてくれた全ての方にありがとうございます!

新年の夢目標

あなたは新年の願い事や夢目標を書き出したりしますか?こんな事しよう、こんな事したい、ここ行きたい、これ欲しい、、、、。よく、夢や目標を書くと良いと言いますよね。何にも夢が持てない時ほど書くと良いかもしれません。無気力な時はどうせ…という気持ちを通り越して叶う叶わないなどかえって、どうでも良くて制限せず書きたい事を書く場合があるからです。忘れもしない2008年元旦。どんより途方に暮れていた私は少し気を取り直して特に予定のない真新しい手帳に夢目標を書きました。1番に書いたのは「ラジオのパーソナリティをする」でした。あとの夢目標や願い事は何を書いたか今は覚えていません。し、覚えていても内緒です(笑)秘密です。言いません(笑)その頃は子供もまだ赤ちゃんで仕事からも離れていたし家の事も忙しい時期でした。家からも出られませんでした。ちょっと考えたら「そんなそんな夢のような事は有り得ない」のですがでも、私の手は書いたのです。心が書かせてくれたのかもしれません。そのお正月から20年も前の事ですがFM802が開局しました。初めてFM802を聴いた時のあの衝撃!すっごいカッコ良くてビックリしました!私が生まれて初めてこんな仕事がしたい!と思ったのがラジオのDJでした。「ぅわあぁぁ!!」という心がキラキラするようなあの時の感動、あのトキメキは蘇ります。あの頃はFM802を聴いているのが嬉しくて嬉しくてワクワクして私の大好きの極みでした。毎日を楽しくしてくれてありがとう!そのトキメキは心にポッと灯りが灯ったようでした。キラキラしていたまだ子供の自分がひょっこり顔を出したようでした。そして、そのお正月から2ヶ月もしないうちにFM草津が1年後に設立するという広告が出ました。すごくすごくビックリしました。そのトキメキは希望の光となりました。その1年後、FM草津が開局し、私は本当にパーソナリティをしていました。不思議でした。でも、「夢って叶うんだ」という事を思い出した出来事でした。私はこの夢を叶えるのに20年かかったんだなって思いました。嬉しかったです。20年前のトキメキは思い出した時に心に火を灯しやがて希望の光となりその繋がった先はふんわりと広がり毎日をキラキラ輝かせてくれました。引き寄せの話ではよく「ワクワク」とか「トキメキ」とかいうフレーズが出てきますが本当の「ワクワク」「トキメキ」の感覚って分かりますか?それは衝撃や感動を伴ったプラスの感情で心の奥が魂が喜んでいるような感情です。魂が喜ぶような感情だからこそ本当に引き寄せてくれるのだと思います。その感情を魂は求めています。このトキメク感覚、たくさん覚えて、噛み締めてくださいね。そんな感情を持った出来事を思い出してちょっといっぱい夢目標を書いてみようと思いました❤️

2019年は「赤」「赤龍様」

2019年は「赤」の年です❤️私はアナウンサーでカウンセラーですが、師匠の高津りえ先生は毎年の色を教えてくださいます。※私のカウンセリングは心理学とスピリチュアルがあり、ご本人の目的により違います。さて今年は赤龍様が輝く年。赤龍様はあなたが進む道を守り力強く導いてくださいます。悪をはねのけて清めてくださった道を私達はただ自分の足で歩むだけ、なんですよね。自分が輝ける、そんな素敵な大チャンスの年です。自分を信じてそして自分で自分を幸せにすることを忘れずに一歩ずつ進んだらきっと拓けると思います♡人間だもの一歩ずつしか歩めません。歩幅だって人それぞれ。自分で考えて、自分の一歩で。自分自身を大切にしてください。「代わりはいくらでもいる」なんてホントですか?どんなにトイレを我慢したところで、あなたに代わってあなたのトイレに行ってくれる人はいません、よねσ(^_^;)あなたの体を動かすのはあなた。だから厳密にはあなたの代わりはいません。何かを代わりにする事は出来てもあなたの代わりに前に進んだり、幸せになる事は出来ません。「あなた」は あなたにしか出来ません。あなたの心はあなたのものです。もしも、もしも、自分が信じられない時があってもきっと誰かがあなたを信じています。だって、私は私の大切な人たちを信じていますもの。2019年はあなたが輝ける年。あなたの道が拓ける素晴らしい年。一歩ずつ、私も期待して歩いて行きますね。佳き事が益々沢山ありますように❤️

2018年からエールをうけて

あけましておめでとうございます!皆様、昨年中はお世話になり 本当にありがとうございました!2019年もどうぞ宜しくお願いいたします!私らしくあなたらしく輝く年になりますように♡2018年はどんな一年でしたか?良い一年でしたか(o^^o)?振り返ると色々な事があったなぁと思います。私は本当に良い年でした!行く年来る年、振り返る、で、 思い出す事があります。人は亡くなり今世から離れる時四十九日の間決して振り向く事は出来ないそうです。でもこの世を飛び立つ最後に神様が一度だけ「振り向いていいよ」と言ってくれるそうです。人生は一本道。どんなに迷ってもずっと一本道。振り向くとあなたが歩んできた、その長い一本道はキラキラと輝いています。そこには…この人生で出会ったたくさんの人達が笑顔で手を振ってくれています!愛する人も良くしてくれた人も助けてくれた人も頼もしい仲間も可愛いペットも意地悪をしてきた人も嫌だと思ってた人も出会った人達がみんなみんな笑顔で手を振って!!みんなみんな笑顔でこの人生を送り出してくれるのです♡きっとあなたの過ごしてきた2018年もそうかと思います。頑張ったね、お疲れ様良くやったね、おめでとうありがとう2018年からそんな愛とエールをうけて2019年へ羽ばたきましょうぅぅ♡ありがとう2018年♡ よろしくね2019年♡健康で幸せな素敵な一年になりますように益々の飛躍の年になりますように╰(*´︶`*)╯♡愛と感謝を込めて2019.1.1.葉月陽

「出来ない理由をさがすより、出来る方法(理由)を探そう」の内部事情

今日のブログはプライマリー・クエスチョンのちょっと続きです。何か始める時や何か失敗した時あなたはどんな思考をしますか?「出来ない理由を探すより出来る方法を探そう」みたいなポジティブシンキングをを聞いたことがありませんか?それはそうなのですが、単にポジティブシンキングというだけではないのです。「どうして、なんで、出来ないんだ?」この質問はもっと良くない影響を与えるからです。これらの何かやり始めや失敗した後の思考パターンはプライマリー・クエスチョンにも通じます。「どうして出来ないの?」「なんで出来ないんだ?」「どうしてそんな事したんだ?」「なんでそんな事やったんだ?」なんで?どうして?は実は7回言ったら人格否定とも言われます。これはご注意ですよー。この言葉は人を追い込みます。子供でも大人でも出来ない理由が分かっていればおおよその場合、そもそも出来てますよね。なんで出来ないんだどうして出来ないのなんで、どうして、言われ過ぎたら気分が悪くなってきませんか?子供がテストで間違えたとします。「なんでこんな簡単な問題も出来ないんだ?」→答えの単位を間違えたから 「どうして単位なんか間違えるんだ?」→問題を勘違いしたから「なんで勘違いしたんた?」→よく読まなかったから「なんでちゃんと読まないだ?」→時間がなかったらなかったから「なんで時間がなくなったんた?」→他の問題を解いてて「どうしてそんなに時間がかかるんた?」→難しかったから「なんで難しいんだ?」→…こんな風に攻めて追い込む人って相手に「自分はダメな人間です」と言わせたいのでしょうか?嫌な人〜!!と思っておきましょう(笑)!なので、自分で自分に言うのもダメです。自分で自分を虐めてます。自分が嫌な人〜!になっちゃってます。なんで、どうして、出来ないんだ、、、問いかけ過ぎるとつまるところは「出来ないのは自分がダメ人間だからだ」と考えてしまうからです。人に言われても自問してもそうです。そんな事ないですよね。全然ダメじゃありません。また、子供がケンカをしていきなり怒らずに、まず、理由を聞く事は必要ですが、その時も、根底に変な怒りの感情を持って「どうしてなんで」と質問していたら、子供が「自分が悪い子だから」と思いかねない質問になってしまいます。だからホント子供には言ってはいけないと思います。どれだけ小さな胸をキュウキュウ縮こませてしまうか。親に自己否定されて、子供にしたら泣きたくなるような気持ちかもしれません。こんな自分なんてどうせ出来ないと出来ない理由探しのせいでチャレンジを諦めることだってあります。そんな場面では「なんでこの"方法では出来ないんだ?」の方がまだマシですね、「この方法だと出来ないけどどうやったら出来るかな」という言い方(問いかけ)が自分にも人にも良いのかなと思います。「出来ない理由」というのは「出来ない自分」ではなくて「出来ない方法」の事なんだとちゃんと腑に落ちて分かれば良いし、それによって、たくましく前に進めるようになっていくのではないでしょうか。という事で「できない理由を探すよりできる方法(理由)を探そう♡」の内部事情(笑)でした!*プライマリー・クエスチョン一番最初に(primary)無意識に自分に問いかける質問のこと。詳しくはブログ「プライマリー・クエスチョン」をご覧ください♡

母の夢

20年ほど前、母と私はびわ湖ホールでジルベスター・コンサートを観ました。素晴らしいホールで音色も美しく、「素敵だねぇ」と母と私はうっとりキラキラと夢気分でした。その時の司会は大桃美代子さん。母はスポットライトが当たる大桃さんを見て「貴女もここで司会が出来たら良いねぇ」と私に言ってくれました。そして昨日、初のびわ湖ホールの大ホールでの司会でした。今や3人の孫のおばぁちゃんになった母はそのうちの1人、私の息子を連れて、びわ湖ホールに観に来てくれました。が、なんと!その帰り道に転んで顔や手、膝を強打してケガしてしまいました。夜、寝ていた母が少し起きてきたので、「大丈夫?今日はありがとうね。観にきてくれた帰りにケガをしてしまって、ごめんね」と言うと、母は片方の頬が赤く腫れているにも関わらず、ニッコリして「今日、良かったよ。貴女の声は人を幸せにするね。会場が明るくなったよ」とそれは嬉しそうに言ってくれました。ぁあ、母親ってこういうものなんだ、と、「母の愛」というものを感じました。とても嬉しかったです。そしてこんなに優しくて嬉しそうな母の顔は私が息子を産んだ日以来です。他の人の事は分からないけれど母を幸せな気分にしてあげられたんだとそんな風に言ってもらえて本当に嬉しかったです。思えば母は20年前に一つ夢を見てくれたのかもしれません。それは私にも夢になりました。母の夢を叶えてあげる事が出来たんだとしみじみ嬉しく、周りとご縁にただただ感謝です。父の仏壇にこの日のギャラの入った御祝儀袋を置いて父にも報告しておきました。お父さん、今日はね私はお母さんの夢をひとつ叶える事が出来たかもしれないよ…。

プライマリー・クエスチョン

一番最初に(primary)無意識に自分に問いかける質問、プライマリー・クエスチョン。ご存知の方も多いのでは(^^)もうそろそろ、と、来年の手帳を開き夢目標とプライマリー・クエスチョンやその答えをボヤッ♡と考えていました。へーるんちゃんそんなことすんにゃーでしょ(笑) 枕の下に隠してある秘密の手帳だから誰も見られません♡アナウンサーをする傍ら3年前から東京のHBIサロンというところで興味のあった心理学を学び始めたのですが、最近、気になるワードが「プライマリー」と「光」だったので、吸い込まれるようにまたテキストや動画を見直していました。人間の脳は問いかけられると、それに対する答えを探すという性質があります。なので、質の良い思考をするには質の良い質問をするのが大事になってきます。「光」から始まる「プライマリー」 そう考え始めたこと自体プライマリー・クエスチョンですね。プライマリー・クエスチョンは世界No. 1コーチのアンソニー・ロビンズ氏のスキルです。例えば「どうしたら楽ができるだろうか?」と無意識に自問していた男性は 困難から逃れる術ばかりを身につけ、有能な女性と結婚し仕事を辞め、原因不明の病気になってしまって、病院のベッドで「楽」をすることになり…。一方生まれてすぐ養子に出された男性は「世界を変えたくないか?」と自問し続けて結果的に画期的な商品で世界を変えることになりました。そぅ、スティーブ・ジョブズ氏です。質問には3つのタイプ(質)があります。・社会を中心にそこに対しての働きかけを問うもの・他者との関係性を中心に自分の行動を問うもの・自分がどうしたいか、どうなりたいかを問うもの男性は社会>自分>人間関係女性は人間関係>自分>社会という順番で考える傾向があるそうです。何を中心に世界を見ているかということですよね。確かに思考が伸び伸びとして広がりそうです。つまり、質問の質で人生の質も変わる、という事です。世界を変えたくないか?ススススティーブ・ジョブズ氏だもんねそれがシックリくるんだスゴイ!私なぁ(笑)という事で「世界」ではビッグな感じがしてシックリこなかったので「世の中」と置き換えて「そんな貴女だから、できることは 何ですか?」というHBIサロンの敬愛する鈴木先生作の愛溢れるプライマリー・クエスチョンを見ていたら何だかとても「私も世の中のために役に立ちたい」と思えてきました。「そんな私だから世の中にできることはなんだろう?」あなんだか開放感ワクワクやる気ふんわりリラックス心が温かい光から始まるプライマリーというのは良いプライマリー・クエスチョンだったようですね( ◠‿◠ )あなたの光から始まるプライマリー・クエスチョンはなぁに?